NEWSお知らせ

選手に会えるタブレット  「ホークスFANタブレット by 西スポ」登場

FANタブ画像①

西日本新聞グループのデジタル事業会社である株式会社西日本新聞メディアラボ(本社:福岡市、代表取締役社長:吉村 康祐、以下「西日本新聞メディアラボ」)とソフトバンクグループのSBパートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 山本 佳樹、以下「SBパートナーズ」)は、「西スポプラス」と「スポナビライブ」の利用料が2年間無料になるほか、トークショーで福岡ソフトバンクホークスの選手に会えるなどの特典が付いた「ホークスFANタブレット by 西スポ」を2017年3月3日(金)から提供開始します。

 

■「西スポプラス」が無料
西日本新聞社が発行する福岡ソフトバンクホークス情報満載のスポーツ新聞「西日本スポーツ(西スポ)」。紙面に加え、選手写真集などオリジナルコンテンツが楽しめる電子版「西スポプラス」の月額利用料が2年間無料です。
※ 通信料は利用者負担となります。

 

■「スポナビライブ」が無料
ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)が提供する、福岡ソフトバンクホークスを含むプロ野球10球団の主催試合など人気スポーツのライブ動画が見放題の「スポナビライブ」の月額利用料が2年間無料です。
※ 通信料は利用者負担となります。

 

福岡ソフトバンクホークス株式会社がタブレット購入者限定の特典をプロデュースします。

タブレットのPRキャンペーンには同球団の松田 宣浩選手と和田 毅選手を起用します。
【主な特典※】
・松田選手&和田選手による購入者限定トークショー
・松田選手&和田選手 オリジナル壁紙&特製シール
※ 特典は2年契約でタブレットを購入していただいた方全員が対象となります。

 

本サービスはSBパートナーズがMVNO※として、ソフトバンクの移動通信網を活用して提供します。機種は「Lenovo TAB3(レノボ タブ3)」をソフトバンクが販売。西日本新聞メディアラボは「西スポプラス」を提供するほか、サービスのプロモーションなどを担当します。提供開始に先立ち、2017年2月3日(金)より「ホークスFANタブレット by 西スポ」サービスサイトで詳細のご案内および予約の受け付けを開始します。

 

※ MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)とは、携帯電話などの移動体通信事業者から通信設備などを一部借り入れて、独自ブランドでサービスを提供する事業者のことです。

 

■名 称 ホークスFANタブレット by 西スポ
■機 種 Lenovo TAB3(レノボ タブ3)
■予 約 2017年2月3日(金)午前11時~
■販 売 2017年3月3日(金)午前11時~
■ 「ホークスFANタブレット」サービスサイト

http://fantab.jp

PAGETOP