NEWSお知らせ

ローカルエリアに特化した紙とデジタルを統合させたブランド認知広告「LOCAL SAND(ローカルサンド)」のサービスを提供開始

紙とデジタルのチャネルを横断させたダブルアプローチ戦略
LOCAL SAND(ローカルサンド)商品ロゴ

この度、株式会社西日本新聞メディアラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:秀島 徹、以下メディアラボ社)は、西日本新聞グループの共同企画としてローカルエリアでのプロモーションに効果的な紙×デジタルを統合させたパッケージサービス「LOCAL SAND(ローカルサンド)」をリリースしました。

https://www.medialaLOCAL-SAND_商品ラインナップ

「LOCAL SAND(ローカルサンド)」サービスページ:https://www.medialab.co.jp/service/localsand/

 

LOCAL SANDは、ローカルエリアでのブランド認知~来店想起に効果的な紙とデジタルのチャネルを横断させたサービスです。狭域から広域まで対象エリアを網羅したプロモーションに最適です。価格帯も20万円から、新聞広告とデジタル広告を実施できるようにパッケージ化されており、より低価格で効果的なローカルエリアのプロモーションを実現します。

 

<LOCAL SAND(ローカルサンド)の特徴>

1. 20万円からの新聞広告×デジタル広告のプロモーション

新聞広告の信頼性とデジタル広告のターゲット深耕の双方を兼ね備えたプロモーションを低価格で実施します。

※価格は税抜き表記となります。

 

2.狭域から広域までのプランニング

新聞やフリーペーパーの紙では県内・市内の広域にアプローチし、デジタル広告では特に狙いたいエリアに絞って重点的にアプローチするなど、対象エリアを網羅したプロモーションを実現します。また、店舗商圏3㎞以内のアプローチであれば、直接、自宅のポストに届く新聞折込チラシやポスティングチラシと位置情報×属性を掛け合わせたデジタル広告を統合させることで、紙とデジタルのチャネルを横断した広告接触が可能です。

対象エリアの考え方

3.プランニングから効果計測までワンストップサポート

はじめてのご担当者様でも狙い通りのプロモーションをカンタンに実現できるパッケージプランを用意しております。まずは、狙いたいエリアのユニークユーザー数をシミュレーションし、ご要望に沿ったプランニングをご提案します。

 

 

 

<LOCAL SAND(ローカルサンド)のローカルエリア向けサービス詳細>

 

福岡県版 地点カテゴリ

位置情報ターゲティング広告のLocAD+では、どの地点にどのような人々が居住、滞在しているのかをGPSデータによる行動履歴から福岡県版の地点カテゴリを用意しました。※随時、広告主様からご要望の高い地点カテゴリを追加予定。

LocAD+カテゴリ一覧

 

LocAD+は、GPS情報を活用した高精度な位置情報から行動履歴を分析し、ユーザーの属性を掛け合わせることで「商圏」×「性別」×「年代」のターゲットを指定した広告配信を実現します。広告の掲載先は70,000媒体を超え、様々なアプリやWEBサイトに配信されます。2019年4月のサービス開始以来、不動産や学校、カーディーラーなど様々な業種のプロモーションに活用いただき、累計約400社の広告主様(一般企業・地方自治体)にサービスをご活用頂いております。

 

「LocAD+(ロカド)位置情報連動型広告配信」サービスページ:
https://www.medialab.co.jp/service/locad_plus/

 

今後、株式会社西日本新聞メディアラボでは東北・関東・中部・北陸・中国・九州のパートナーシップを締結している地方新聞社などと連携して各ローカルエリアに特化した紙とデジタルを統合させた商品企画・提供を行ってまいります。

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】
会社名:株式会社 西日本新聞メディアラボ
担当:ローカルアクティベーション部 江藤
TEL:092-731-2282(受付時間:10:00~17:00)
メールアドレス:localsand@medialab.co.jp

PAGETOP